スポンサードリンク

旅行業界への転職

旅行業界へ憧れを持って就職を考えている人も多いと思います。旅行業界はここ数年で色々な事件や問題があり、大きく落ち込みました。問題になったのは皆さんもまだ記憶に新しい米同時爆破テロやSARS(重症急性呼吸器症候群)などがあり、回復の兆しを見せ始めた頃に燃油サーチャージの問題が浮上しました。

ここ最近は少し引き下げられたりしていますが、それでもまだ高いと感じる人もいるでしょう。他にも100年に一度あるかどうかと言われるほどの世界的な不況の影響もあって、今までは年に一度は旅行をしていた人達も旅行を控えようになり国内旅行、海外旅行とも減少しています。まさに旅行業界は逆風の状況にあると言えます。旅行業界はこれらの状況を踏まえて価格競争のために色々なところでコストダウンを強いられるようになっています。

特に中小の旅行会社にとっては厳しい現状と言わざるを得ないです。大手の旅行会社でも現状を変えるために旅行者の新しいニーズの掘り起こしなどをおこなっていますが、成果につなげる事ができずに大手の旅行会社でも危ない状況にあるのではないかと言われています。このように厳しい現状の旅行業界ですが、転職が全くできないと言うわけではありません。旅行業界の大手である阪急交通社やHISなどでも求人募集はされています。

本気でこれから旅行業界への転職を考えているなら総合旅行業務取扱管理者の資格を取得する事が重要なポイントになってきます。法律では一つの営業所に1人以上は総合旅行業務取扱管理者がいなければいけない事になっているので転職に有利になると言えるでしょう。

この総合旅行業務取扱管理者の資格に受験資格はないので誰でも受験ができます。試験が行われるのは9月に国内旅行業務管理者試験が行われ、10月に総合旅行業務取扱管理者試験が行われます。二つの試験を受験することもできます。旅行業界の仕事というと添乗員の仕事をイメージする人が多いと思いますが、他にも旅行の企画を考えたり、ホテルや交通機関の予約をしたり、窓口業務でお客さんの対応をしたりと色々とあります。






PR 理系 就職 中高年 再就職 支援 就職 面接 対策
タグ:転職

不動産業界への転職

転職先企業を探している人の中には不動産業界への転職を考えている人もいるでしょう。不動産業界の転職状況は営業職では新規採用は現在のところあまり行われておらず、経験者の採用を中心に行っているようです。

不動産営業の求人数自体はほとんど変わりはありませんが、その内容に少し変化があらわれています。昔は不動産業界の未経験者を受け入れていましたが、未経験者OKの求人が減り、即戦力となる経験者を対象にした求人が多くなってきています。不動産関連で求人数が比較的多くなっているのが新築分譲マンションや建材関連の会社で、他にも土地活用の分野でもある程度の数の求人があります。

不動産仲介分野の求人状況は法人、個人向けの分野ともに求人数は横ばい状態となっているのが現状です。個人向け不動産仲介経験者は宅建や法規、財務などの知識を身に付ける事ができれば法人向けの営業へ転職できる可能性が高くなります。

また、不動産ファンド分野でも採用を控えている企業が多く、アセットマネジャーの求人は減少していますが、プロパティマネージャーの求人は多いとは言えない状況ですがまだ続いている状態となっています。

設計や施工、不動産管理などを経験した事がある人は既存の建築物・施設の価値を高めていくのが仕事となるので今後もニーズが期待できることから転職できる可能性は十分にあると言えるでしょう。自分の希望する企業への転職は地道に情報を収集する事が近道になります。
タグ:不動産

外資系企業への転職

転職先に外資系企業を考えている人も多くいると思いますが、外資系企業への転職となると経験者の採用が殆どになるので、書類選考でも審査基準が高めで、自分の経験をしっかりと明確に外資系企業へ伝えることができるのかが大切になってきます。

どの業界の職種でどういった仕事をしていたのかを書類上で明確にアピールするようにしなければいけません。外資系企業への転職は一般的に公募と言う形で転職希望者を募っているわけではなく、ヘッドハンティングや紹介で転職したりする形が多いようです。

外資系企業では一度入社すると部門間どうしでの移動が極めて少ないので、自分の専門技能を見極め、自分が進みたい分野を考えて転職をする必要があります。外資系企業としても専門家として雇うわけなので、国内の企業のように人事異動で別の部署に移動して仕事をするような事はかなり低いと思います。

外資系企業の採用基準として考えられるものを挙げていくと●経験者採用が多くスキルが高いこと●他の業界と比較しても書類選考に基準が高い●日本語だけでなく英語の職務経歴書の準備が必要となるなどが挙げられます。外資系企業への転職の場合は職務経歴書は日本語、英語の両方が求められ、日本語では履歴書と職務経歴書をそろえて、英語の場合は履歴書と職務経歴書をミックスした書類が求められます。

外資系企業への転職となると海外勤務を想像する人もいると思いますが、外資系企業への転職では、日本法人での就職が多くなるので海外勤務となる可能性は低いと思われます。

金融業界への転職

環境の変化が激しい業界に金融業界が挙げられます。金融業界への転職は実力や潜在能力といった個人の要素が問われ、上手く転職できるかどうかは、その時の転職市場の状況に大きく左右されると言われます。職場への不満などが原因で転職をする場合もあると思いますが、金融業界へ転職を希望する人の多くは自らのキャリアアップを目的に転職を希望する人が多く上手く転職をしています。

金融業界の転職は一般に求人情報が公開されていない場合も多いのでできれば、既に公開されている求人情報を集めるより人材紹介会社などを利用して転職をする方がより条件の良い会社へ転職できる可能性が高いと思われます。人材紹介会社は無料で利用できる上に自分が希望する条件で求人先となる企業情報を提供してくれるので大変便利です。人材紹介会社には登録型とスカウト型の二つがあり、この二つを組み合わせたものもあります。

登録型の人材紹介会社は企業が求める人材と登録している人材の中から見つけ転職希望者と企業との仲介を行います。スカウト型の人材紹介会社では専門性の高い職種を仕事にしている人を対象にヘッドハンターが転職を持ちかけます。

金融業界への転職する場合の企業の選び方としては自分が転職したいと思った動機をもう一度見つめなおして応募企業や応募職種の情報を収集すことが必要となります。給料アップをポイントにしたり、経験を活かした仕事をポイントにおいたり、自分がどれをポイントにするかをしっかりと考えるようにする事が重要になります。





PR 投資 入門 温泉 パワーストーン 効果
タグ:金融 転職

IT業界への転職

IT業界に転職する場合に資格やスキルが必要となるわけではありませんが、転職を有利にするためには資格やスキルはあった方が良いのは言うまでもありません。

外資系のIT企業などでは英語力が要求められる場合があります。IT関連の資格は専門的な資格や就職、転職、独立起業など全般的に役立つ資格もあります。

IT業界は常に人材不足な状態なので需要が豊富なのも特徴です。IT業界でも特にSEなどは慢性的に人材不足な状態になっているので、資格や高いスキルを持っているSEなどはどこの会社も求めています。

IT業界ではSEに限らずITソリューションを担う人材が特に求められています。これからはIT業界だけでなく証券業界における株券電子化や株主総会にまつわる手続きの電子化など、IT系の人材を欲している企業が増えていくと思われるのでIT系の営業、エンジニア人材は需要が高くなっていくでしょう。

企業側も新卒採用も含めIT系の人材獲得が経営の重要課題とされ、金融関連の企業では、今後も引き続きIT技術者などの大量採用をする事が予想されます。

また、未経験者や異業種からの転職組などを採用するケースなどもあるので転職希望者には良い環境と言えるでしょう。

IT業界は転職がしやすい環境が整ってきているので十分に検討して転職をする事が大切になってきます。焦らず中長期的に将来を見据えて転職活動をしていきましょう。






PR 老眼 予防 金運アップ 方法 就職 面接対策
タグ:IT

看護師の転職

看護師転職状況は7割が経験者の転職で看護師未経験者の看護師への転職はかなり少ないです。未経験者が看護師に転職する場合は資格を取得しなければいけません。看護師の求人状況は慢性的な看護師不足もあり、他の職種に比べ非常に多く引く手あまたの状況となっています。

看護師未経験の人で看護師に憧れを持っている人もいると思いますが、看護師の仕事は一般のサラリーマンやOLと比べ非常に拘束時間が長く、休日も多く取れない状況となっています。

当然日勤だけでなく夜勤もあるハードな仕事となっているので看護師になって病人の手助けをしたいと言う強い気持ちがなければなかなか続くものではありません。現在看護師として勤めている人が転職する場合は看護師専門の求人サイトを利用するのが便利です。

他の看護師よりも転職を有利にするために書類選考の際に看護師としての意欲や姿勢などをアピールする必要があります。看護師を雇う転職先の病院が注目してる点は志望動機だと言われています。

転職する状況や理由は人によってそれぞれ変わってきますが、転職先の雇用条件だけでなく何処の医療機関に勤めることになっても看護師としての使命や病人のために働きたいという看護師としての姿勢を持って転職活動にのぞむようにする事が大切です。






PR 口臭 予防 便秘 解消 ウォーキング ダイエット 水 宅配

医師の転職について

一般のサラリーマンの転職と違って医師の転職は医局から紹介を受けて転職するのが通常の転職方法でした。医師転職の紹介制度は医師の世界独特の医局制度により昔から行われていました。

現在は医局中心のシステムが縮小されてきているので医師であっても転職の際には自分で転職先を探す人が増えてきました。

旧来の医師転職方法から医師自ら将来の進む道を自分で選ぶ人が増えてきているのが現状です。現在ではインターネットなど情報化が進み医師の求人情報も入手しやすくなっています。

また、医師専門の求人情報サイトなどが増え転職をしやすい環境が整ってきています。しかし、転職先を見つけやすい環境が整ってきても転職に不安を抱えている医師も少なくないと思います。

医療機関も医療制度改革の影響を受け病院の経営がくるしくなってきているところも増え、病院側も医療サービスの向上のためにも質の良い、専門知識とスキルをもった医師を選びたいと考える環境に変化しています。

医師の世界も一般のサラリーマンと同じくスキルアップと収入アップを考え転職することがステップアップになる事は間違いありません。






PR あがり症 克服 口臭 予防 わきが 予防
タグ:医師 転職

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。