スポンサードリンク

転職と職務経歴書

転職活動で上手く自己アピールするためにも職務経歴書を上手く書く必要があります。履歴書の志望動機の欄で自己アピールすると言う方法もありますが、熱意だけを伝えるのではなく職務経歴を相手企業に伝えることでしっかりと経験も含まれた熱意が相手に伝わりやすくなります。

多数の応募書類の中から「採用担当者の目にとまりやすい」「採用担当者が会ってみたい」と思わせるような転職自己PRを書くための方法には色々なポイントがあります。職務経歴には、転職のため企業が具体的にイメージを把握できるような自己PRをする必要があります。職務経歴が浅いと簡潔に書いてしまいがちになります。

例えば「配属部門にて法人営業3年間勤務」といった感じで数行で終わらせてしまう事が多いと思いますが、自己PRとして具体的にどのような経験(仕事)をしてきたのか、転職希望先の企業が具体的に把握できるように書く事が必要になります。何かしら実績を残し成果を挙げられた場合には成果だけでなく理由などもしっかりと語れるようにしておきましょう。

優秀な成績を挙げていれば書類選考は通過しやすいですが、面接では「どのような方法で、その成績を挙げられたのか」という理由を聞かれる事が多いです。例えば「市場のニーズにあっていた」とか「製品力があったから」など抽象的な表現ではなくしっかりとした理由を答えられるようにしておかないと自己PRの評価は得られにくくなります。

転職する人の中にまったく未経験な業界に挑戦する人もいると思います。未経験の分野に転職をする場合は転職先の業界に合わせた自己PRが必要になります。

これまでの職務経歴と異なる分野や職種に転職する場合は、これまでで得た経験で次に目指す仕事との共通点を強調するようにしましょう。培ってきた経験とノウハウが分野が変わっても活かせるということを自己PRする事が大切です。





PR 部屋 模様替え エステティシャン ファイナンシャルプランナー 資格
タグ:職務経歴書
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。