スポンサードリンク

転職の面接と退職理由

転職での面接で大切になってくるのが面接官に良い印象を与えることです。転職する会社の面接官は転職した理由を知りたがっているので答える側もしっかりと良い印象を与えるように答えなければいけません。

転職希望者は面接で退職理由に聞かれた場合にどのように受け答えをすれば面接官に良い印象を与えることが出来るのかが知りたいところですよね。退職理由を聞かれた場合には、まず転職を希望する会社側の人間になって考えてみることが大切です。

なぜ会社が転職希望者の退職理由について知りたいかと言うと、会社としては転職希望者を採用しても簡単に辞められてしまうととても困ります。退職理由を知ることで事前に対処しようとするわけです。退職理由については転職を希望する会社へ悪い印象を与えないように前の会社への不満などは口にしないようにすることが重要です。

少しでもマイナスになるような事は言わないようにしましょう。もし、退職理由が前の会社への不満からなるものでしたら、その問題に対して自分はどのような行動をしたかをアピールし、前向きな退職であることを印象付けましょう。

例としては仕事や人生設計においての目標のために転職したというように、面接官を納得させるだけの退職理由を話すようにしましょう。中には人間関係で退職をした人もいると思いますが、面接官に聞かれても「人間関係で辞めました」と正直に答えるのは辞めておきましょう。良い印象を与えるように同じ内容でも表現を変えるようにするなど工夫して話すようにすることが重要です。




PR バイト 車保険 妊娠初期症状
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。