スポンサードリンク

転職の志望動機を考えよう

転職する際に必ず必要になってくるのが面接対策です。面接ではどれだけ上手く自己アピールできるのかがポイントなります。

転職の面接で聞かれる質問では志望動機は必ず聞かれるでしょう。「何故?この仕事を選んだのか」「何故?わが社を希望したのか」など応募者の志望動機を面接官は尋ねてきます。転職を希望するなら面接官の質問意図を把握する事が大切になってきます。

志望動機などはあらかじめ聞かれることが分かっているので事前に対処できるように準備ができます。志望動機については自分がその仕事をしてみたい、どれだけ働く意欲があるかをアピールすれば良いでしょう。転職情報誌などを参考にするのも良いですが、あまり掲載されている模範解答をそのまま利用するのはかえって逆効果になるので注意しましょう。

転職希望者を採用する会社からすれば、できるだけ長く勤めてもらいたいので面接でどのような人物かを見極め、できるだけ優秀な人材を採用しようとします。もし、依然働いていた業種と同じようならどれだけ自分が知識と経験があるのかをアピールするようにしましょう。

前職を辞めた理由などを聞かれるかも知れないので事前に考えておきましょう。辞めた理由が人間関係などの場合はコミュニケーション能力が疑われるのでマイナスに評価されてしまうかも知れないので辞めておいた方が良いでしょう。

異業種からの転職やを希望する場合でも同様に前職を辞めて異業種の仕事に就こうと考えたのか?を尋ねられると思うのでしっかりとした答えを用意しておきましょう。面接官としては仕事選びの動機や会社選びの動機の裏付けを見極めるのが狙いと思います。



PR ハイドロキノン 生保 40代 転職
タグ:転職
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。