スポンサードリンク

不動産業界への転職

転職先企業を探している人の中には不動産業界への転職を考えている人もいるでしょう。不動産業界の転職状況は営業職では新規採用は現在のところあまり行われておらず、経験者の採用を中心に行っているようです。

不動産営業の求人数自体はほとんど変わりはありませんが、その内容に少し変化があらわれています。昔は不動産業界の未経験者を受け入れていましたが、未経験者OKの求人が減り、即戦力となる経験者を対象にした求人が多くなってきています。不動産関連で求人数が比較的多くなっているのが新築分譲マンションや建材関連の会社で、他にも土地活用の分野でもある程度の数の求人があります。

不動産仲介分野の求人状況は法人、個人向けの分野ともに求人数は横ばい状態となっているのが現状です。個人向け不動産仲介経験者は宅建や法規、財務などの知識を身に付ける事ができれば法人向けの営業へ転職できる可能性が高くなります。

また、不動産ファンド分野でも採用を控えている企業が多く、アセットマネジャーの求人は減少していますが、プロパティマネージャーの求人は多いとは言えない状況ですがまだ続いている状態となっています。

設計や施工、不動産管理などを経験した事がある人は既存の建築物・施設の価値を高めていくのが仕事となるので今後もニーズが期待できることから転職できる可能性は十分にあると言えるでしょう。自分の希望する企業への転職は地道に情報を収集する事が近道になります。
タグ:不動産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。