スポンサードリンク

外資系企業への転職

転職先に外資系企業を考えている人も多くいると思いますが、外資系企業への転職となると経験者の採用が殆どになるので、書類選考でも審査基準が高めで、自分の経験をしっかりと明確に外資系企業へ伝えることができるのかが大切になってきます。

どの業界の職種でどういった仕事をしていたのかを書類上で明確にアピールするようにしなければいけません。外資系企業への転職は一般的に公募と言う形で転職希望者を募っているわけではなく、ヘッドハンティングや紹介で転職したりする形が多いようです。

外資系企業では一度入社すると部門間どうしでの移動が極めて少ないので、自分の専門技能を見極め、自分が進みたい分野を考えて転職をする必要があります。外資系企業としても専門家として雇うわけなので、国内の企業のように人事異動で別の部署に移動して仕事をするような事はかなり低いと思います。

外資系企業の採用基準として考えられるものを挙げていくと●経験者採用が多くスキルが高いこと●他の業界と比較しても書類選考に基準が高い●日本語だけでなく英語の職務経歴書の準備が必要となるなどが挙げられます。外資系企業への転職の場合は職務経歴書は日本語、英語の両方が求められ、日本語では履歴書と職務経歴書をそろえて、英語の場合は履歴書と職務経歴書をミックスした書類が求められます。

外資系企業への転職となると海外勤務を想像する人もいると思いますが、外資系企業への転職では、日本法人での就職が多くなるので海外勤務となる可能性は低いと思われます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。