スポンサードリンク

転職する時の手続

転職をする場合には注意しなければいけない事があります。退職後の色々な手続きをスムーズに行わなければ権利を失ってしまう場合があります。

退職後の色々な手続きには期限が定められているので期限が過ぎないようにしないように注意しましょう。退職後、健康保険の被保険者資格を失ってからも、原則2年間は引き続いて個人で加入できるという制度が「任意継続」ですが、こうした制度をうっかりして使えなくなるのはもったいないことです。

転職先が決まったら退職してからではなく、退職の前から、必要な手続きと書類を合わせて解りやすくチェック表などに書き出しておくようにしておきましょう。退職の流れとしては会社に離職票-1と離職票-2と雇用保険被保険者証をもらいます。

ケガや病気はいつなるかわかりませんから、退職をしたらまず最初にこの健康保険の手続きをしましょう。

ハローワークでの退職手続きが終わった場合には失業認定を受けなければなりません。4週に1度、ハローワークの指定する認定日に失業の認定を受けるようになります。保険の他に年金の手続きも転職の際にはしなければいけません。

年金には●自営の方や学生等、国民年金だけに加入する第1号被保険者●国民年金と会社員対象の「厚生年金」、公務員等対象の「共済年金」に加入する第2号被保険者●第2号被保険者の配偶者である第3号被保険者の種類があります。種類を変更するには手続きが必要となります。






PR 語学留学 オール電化 目の下 たるみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。